2017年05月03日

雨が降っている日や夜間に査定

雨が降っている日や夜間に査定してもらうと、見積額が少々上がるという噂が巷には存在するようですね。
夕方からは暗くなって視界が悪くなりますし、雨や雪などが降っていればそれが邪魔になって車体の傷などが見えにくくなると言うわけからまことしやかにささやかれているようです。
しかしながら、そういったことで高く見積もりをするほど甘めに見てくれる人がいる事は無いといって良いでしょう。
それより逆に、本当に見落としてしまったときの場合に備えて、一般の査定よりも査定額がちょっとダウンするかもしれないことをおぼえておきましょう。
車を売却して業者から代金が支払われるのは、その車の売買契約を結んだ日から一週間程度かかるのが普通です。
担当者が査定に来て、その日のうちに契約を決めても、所有者側で用意する書類が足りなかったり、実印が見当たらないなんてことになれば、契約締結には至らず、ただ「約束した」だけになります。
印鑑証明などは役所に行かなければ取れませんし、早く入金してほしければ、業者による査定の前に、先行して書類集めをしておくと手続きが早く済みます。
提出書類は普通乗用車と軽ではちがいますし、事前にインターネットなどで調べておきましょう。
純正以外のホイールに履き替えている車を売却する際は、出張査定に来てもらう前に純正に戻しておくことがオススメです。
一般的な査定では、メーカー純正品だとプラス査定がつくことが多いのです。
保管中に状態が悪化するのを避けるため、屋内か、でなければカバーをかけるなどして大切にしましょう。
別注ホイールはそのコンディション次第では意外な値段でオークションなどで売れるケースもありますから、調べてみると良いでしょう。
ベビーシートやジュニアシートなどを取り付けたマイカーを売却するのでしたら、はずしてからのほうが良いでしょう。
基本的にチャイルドシートは査定の際に無関係なのが普通だからです。
そもそもベビーシートやチャイルドシートはユーズド品でも人気のある商品なので、取り外してからリサイクルショップなどで売ればそこそこ良い価格がつきます。
一部のブランド品などはなかなかの高値をつけてくれることがあります。


posted by 依頼者 at 11:53| 車の日記