2017年05月03日

雨が降っている日や夜間に査定

雨が降っている日や夜間に査定してもらうと、見積額が少々上がるという噂が巷には存在するようですね。
夕方からは暗くなって視界が悪くなりますし、雨や雪などが降っていればそれが邪魔になって車体の傷などが見えにくくなると言うわけからまことしやかにささやかれているようです。
しかしながら、そういったことで高く見積もりをするほど甘めに見てくれる人がいる事は無いといって良いでしょう。
それより逆に、本当に見落としてしまったときの場合に備えて、一般の査定よりも査定額がちょっとダウンするかもしれないことをおぼえておきましょう。
車を売却して業者から代金が支払われるのは、その車の売買契約を結んだ日から一週間程度かかるのが普通です。
担当者が査定に来て、その日のうちに契約を決めても、所有者側で用意する書類が足りなかったり、実印が見当たらないなんてことになれば、契約締結には至らず、ただ「約束した」だけになります。
印鑑証明などは役所に行かなければ取れませんし、早く入金してほしければ、業者による査定の前に、先行して書類集めをしておくと手続きが早く済みます。
提出書類は普通乗用車と軽ではちがいますし、事前にインターネットなどで調べておきましょう。
純正以外のホイールに履き替えている車を売却する際は、出張査定に来てもらう前に純正に戻しておくことがオススメです。
一般的な査定では、メーカー純正品だとプラス査定がつくことが多いのです。
保管中に状態が悪化するのを避けるため、屋内か、でなければカバーをかけるなどして大切にしましょう。
別注ホイールはそのコンディション次第では意外な値段でオークションなどで売れるケースもありますから、調べてみると良いでしょう。
ベビーシートやジュニアシートなどを取り付けたマイカーを売却するのでしたら、はずしてからのほうが良いでしょう。
基本的にチャイルドシートは査定の際に無関係なのが普通だからです。
そもそもベビーシートやチャイルドシートはユーズド品でも人気のある商品なので、取り外してからリサイクルショップなどで売ればそこそこ良い価格がつきます。
一部のブランド品などはなかなかの高値をつけてくれることがあります。


posted by 依頼者 at 11:53| 車の日記

2017年04月28日

車を売ろうと思い立ったらネットで

「ネットで自動車を売却しよう!相場よりも高値で買取してもらうコツ」 より引用

自動車が好きで新しいモデルを次々購入したくなるという方は多いでしょう。新しい車を購入することはとても良いことですが、困るのは中古車の扱いです。せっかく大切に乗っていた車だからこそ、高い価格で売却したいという方は多いでしょう。そのような方にオススメなのは、ネット …(続きを読む)

出典:http://getnews.jp/archives/1713864


車を売ろうと思い立ったら、ネットで無料おクルマ一括査定ホームページを検索して利用すると、査定金額の相場が一瞬で分かってしまうので大変使い勝手が良いですね。
相場の値段は把握できますが、実際に幾らの価値があるのかは実査定をしゅうりょうするまではしる事が不可能です。
おクルマのキズなどの程度や、車検の残り具合などによって、良くも悪くも最終査定金額が大幅に変動することがあるのです。
車を査定してもらうときには、おクルマ一括査定ホームページによる査定金額を過信しすぎないように気を付けましょう。
自動車購入を考えている人が多い時期が、売却側にまあまあ自動車を高く売るチャンスですね。
自動車を購入したいという需要がアップすればその分だけ供給は必須になり、買取価格は自然と上がります。
企業(株式会社の形態をとっているところが多いですが、有限会社のところもあります)の決算月である3月と9月はおクルマ販売店は通常の月よりも売ることに注力していますから、見積額の交渉も上手に行くことが多いと言えるでしょう。
9月は決算月であることに加えて、夏のボーナスが出ていることもあり車を購入する人が多くなりますから売却にも有利な時期です。
今まで乗っていた車を買取専門店に出して、すぐにその場でお金を受け取りたいという人は、即金でも対応可能な買取店をあたると良いですね。
大々的に即金対応可能と明言していないところでも、即金でお願いしますと言えば対応してくれる業者もあるのです。
しかしながら、すぐにお金に換えたいと言う場合は、自分の足元を見られることになり、低めの見積額しか出してくれなくなる可能性が高いのです。
即金対応に拘るのかちょっとでも高く売却したいのか、どちらの方が自分の考えに近いのかよく考え、後者が上回るのであればすぐにお金を手にすることばかり固執するのはマイナスと言えるでしょう。
たとえ新しかったり高級車であっても事故歴があったり、10万km以上走っている過走行車などは、売却のために査定に来てもらってもタダ同然の価格になってしまうのがほとんどです。
しかし諦めるのはまだ早いです。
自分で廃車手つづきをして先に支払った税金の還付を受け取るという手もあれば、そのような車を専門にあつかう専業店に査定を依頼する方法があるのです。
その場合は使える部品や部位については細かく値段をつけてくれるので普通のくるま屋のようにタダ同然ということにはなりません。
税の還付なら廃車、手軽さと金額のバランスなら業者でしょうが、目的に合った方法を選ぶと良いですね。


posted by 依頼者 at 14:04| 車の日記

2017年04月15日

一般的にくるま査定業務において

「S&P500 月例レポート ― 米国株、3月微調整も息の長い強気相場が続く(3) ―」 より引用

ビル・アックマン氏率いるヘッジファンドのパーシング・スクエアが製薬会社Valeant Pharmaceuticals(VRX)の全保有株を売却し、30億ドルの損失を出したと報じられました。小売店を展開するSears Holding(SHLD)は、米証券取引委員会(SEC)に提出した年次 ... また、一部のアナリストは同社の売り上げが逆風下に…(続きを読む)

出典:https://kabutan.jp/news/marketnews/?b=n201704110332


一般的に、くるま査定業務において持っていなければならない国家資格はありませんが、民間の資格として国が後援する中古自動車査定士という資格があります。
この資格はJAAI(日本自動車査定協会)によって認定され、小型と大型車に分別されています。
技能および学科試験(対策は万全にしておかないと酷い結果になりがちです)をクリアして、なおかつ半年以上の実務経験がないと授与されないので、この民間資格を所持しているならば、定められたレベル以上の査定が出来ることを証明してくれるはずです。
通常、大多数のくるまの買取専門店では、おクルマの見積もりにかかる時間は実質約10分から15分程度です。
それほど時間がかからないのは、その車種毎に今の時点でのおクルマオークション相場などを参考にして基礎となっているおクルマの査定額が定められていて、その金額から走行距離および各パーツの状態を確認した後に、車の状態に応じた査定額のアップダウンをすればその車の最終的な価格を算出することができるからなのですね。
複数のくるま屋からゼロ円査定されてしまっ立となると、出来ることは限られています。
いずれ廃車にするつもりであと何年か乗るか、普通のおクルマ屋ではなく廃車専門の業者に査定してもらうかは、本人次第です。
廃車買取専門店というのは、買取後に車を売るりゆうではなく、使えるところは分解してでも使うというやり方で利ざやを稼いでいます。
ですから、よそで引き取ってもらえないような車でもそれなりの評価で値段を付ける事が可能なのです。
その通り廃車に直行するより、こちらの方がオトクです。
また、廃車手続きの代行も行なっています。
残っている期間によっても異なりますが、「車検」によっておクルマ見積もりの価格が少々変動することがありますからす。
勿論、車検が切れてしまっている車より車検の期間がまだ長くある方が高評価を貰えます。
しかしながら、車検の残りも1年残っていないようだとほぼ査定額に影響を与えません。
沿うはいっても、売る前に車検をしようとは考えない方がいいでしょう。
一般的に車検費用と査定アップされる金額では、前者の方が高く付くケースが多いため結果的に損をしてしまう可能性が高いのです。


posted by 依頼者 at 12:20| 車の日記